新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

劇場版 クラッシャージョウ/Crusher Joe

クラッシャージョウ
高千穂遙さんの小説の映画化。
『クラッシャージョウ』は原作者、高千穂遥が自ら脚本を書き、挿絵の安彦良和がキャラクターデザイン、作画監督、コンテを担当したので、原作小説のイメージを壊すことなく、ファンにとっては理想のアニメとなっている。
作画だけでも観る価値があるので、機会があったらぜひ鑑賞をお勧めする。
監督:安彦良和
出演:竹村拓、佐々木るん、小林清志、小原乃梨子、納谷悟朗、小林修
脚本:高千穂遥、安彦良和
製作年:1983年
製作国:日本
時間:132分
西暦2160年代。人類は居住可能な惑星に植民をすすめ、そこで、宇宙航路の整備や惑星改造の仕事を請け負うクラッシャーと呼ばれる人々が現れていた。
そして、太陽系の複数の惑星、衛星をひとつの行政府が統治する太陽系単位の国家の時代を迎えていた。
クラッシャー評議会議長を父にもつジョウと仲間のアルフィン、タロス、リッキーたちが仕事を終えてホテルで休暇を取ろうとしていると、バレンスチノフという男が現れ、宇宙でも有数の企業のエレナという娘をある星へ運んで欲しいと依頼した。
病んでいるエレナは冷凍にされており目的地の星の医師でないと手術は出来ないという。
クラッシャーは受けた仕事を本部に報告して許可をもらわねばならないが、今回は企業秘密であり、急を要するということで、ジョウは独断で依頼を受けてしまう。
ジョウたちの宇宙船ミネルバ号が目的地に向っていると、突然計器が異常をきたし、激しい衝激を受けると、乗員は意識を失ってしまう。意識を取り戻したジョウたちが船内を調べると、バレンスチノフ、エレナの姿が消えていた。
そこへ、パトロール中の連合宇宙軍のコワルスキー大佐が現れ、不審なジョウたちを逮捕してしまう。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【unext】 【TSUTAYATV】
【videopas】 【U-NEXT】 【geo】 【dmm】

【hulu】 【au動画】 【動画】 【U-NEXT】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【geo】 【FC2ランキング】 【MV】 【dTV】
【AU動画】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】 【TWD】 【動画】