洋画(外国), 洋画な行, エロティック, ラブストーリー/ロマンス

ナインハーフ
『フラッシュダンス』のエイドリアン・ライン監督によるエロティックラブストーリー。

あらすじ

画廊に勤めるエリザベスは同僚と買い物中にジョンという男に声をかけられる。やがて2人は恋に落ち付き合うことになる。そしてジョンの異常な性行為に最初は戸惑いながらも徐々に受け入れエリザベスの中の秘めた欲望を開花させて行く。
別名オシャレポルノとも言われるこの映画、最高に美しい主演2人をボーッと眺めつつサントラを聴いてるだけでも満足出来る。特にミッキー・ロークはいつの間にか小汚いイージーライダーみたいになっちゃったので、この頃の「色気が服着て歩いてる」お姿は貴重。
タイトルも洒落てる。俗に、恋愛ホルモンと呼ばれる物質(PEA)は約3ヶ月で分泌が減少し始めるそうなので、恋に落ちて、盛り上がって、やっぱり合わないと醒めるまでの期間をズバリ表している。

キャスト・作品情報

監督:エイドリアン・ライン
出演:ミッキー・ローク、キム・ベイシンガー、マーガレット・ホイットン、ドワイト・ワイスト、カレン・ヤング、クリスティーン・バランスキー
制作 キース・バリッシュ、アンソニー・ルーファス・アイザック
原作 エリザベス・マクニール
原題 9 1/2 Weeks
制作年 1986年
制作国 アメリカ
時間 118分
N.Y.の画廊に勤めるエリザベスは、ふとしたことから出会った男・ジョンからさまざまなエロティックな行為を受けることにより、潜在的な欲求を開花させていく。



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】

洋画(外国), 洋画な行, ラブストーリー/ロマンス

2ヵ月と2週間の永遠の恋
キャシー・ガルシア・モリーナ監督によるロマンス・ドラマ。
アシーナという名前が同じで、フラれたゲビンが美人のアシーナを嫉妬させる為にゲビンは可愛くない方のアシーナと付き合う。
そんな中で2人は恋に落ちるが、美人のアシーナが病気だと知り、2人は別れる。
監督:キャシー・ガルシア・モリーナ
出演:キャサリン・ベルナルド、ダニエル・パディーヤ、リチャード・ゴメス、ドーン・ズルエタ、ソフィア・アンドレス、カリル・ラモス、イアン・ヴェネラション、パム・パモラダ
脚本:カルミ・ライムンド、シャーリーン・グレイス・ベルナルド
原題:She’s Dating the Gangster
製作年:2014年
製作国:フィリピン
時間:113分



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】

洋画(外国), 洋画な行, アクション, SF

95:TIME
タイムスリップ能力を持つヒロインと未来からの暗殺者の戦いを描いたSFアクション。
最初は設定等が読みずらい上に展開がどんどん進むのでついていくのがやっとだけど、途中からわかりやすい映像表現に変わるのでなるほどーってなる。
ただ説明不足な感は否めず、なんでそんなことになったの?と必ず観客が疑問に思いそうなところの答えは提示してくれない。
90分という短さながらかなり想像力を働かせなきゃなのでわりと疲れるかも。
監督:トーマス・ゴメス・ダラム
出演:アレサンドラ・ダラム、ジョエル・ビショップ、テレンス・グッドマン
原題 95ers:Echoes
制作年 2012年
制作国 アメリカ
時間 95分
時間を巻き戻す特殊能力を持つFBIエージェント・サリーは、科学者である夫の失踪事件を捜査していた。そんな中、未来から来た者たちが彼女の命を狙い始める。



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】

洋画(外国), 洋画な行, サスペンス

ネットワーク
『グロリア』のシドニー・ルメット監督が、TV局の内幕を描いた異色サスペンス。
UBSテレビのキャスター、ハワード・ビルは人気が低迷してしまい、解雇されてしまう。
数字がものを言う世界で、彼の旧友マックス・シューマッハはその世界に疑問を持ち、同様に解雇されてしまう。
しかし、これ見よがしに過激な発言をしたハワードに、視聴者は食いつき、数字が一気に回復する。
それに目をつけたカリスマ的な存在であるプロデューサー、ダイアナは更に過激な方向へと路線を変更してゆく。
ネット社会になっている現在においても、マスメディアの役割とは?と謳うこの作品は非常に価値があると思う。 過激であればあるほど、視聴率は上がる。私たちはほとんどネットから情報を得るような時代に生きていますが、ネットの情報もマスメディアが流した情報が起源なものが多いです。
テレビ離れなど言われてますが、マスメディアの力っていうのは不可欠なのかもしれません。
その中で過激な情報を流せばどうなるか。意図的な過激もありますが、意図しない本気の過激もあると思います。
また人を惹きつけるものは怖いと思いました。
テレビに影響されるからこそ、テレビを使い、人を操作できる。政治のトップに立つ者はそれがうまいんでしょう。
しかし、今はネットがあるからこそ、1つの情報に頼らず、情報を受信することができる。ネットの有り難みも感じます。
監督:シドニー・ルメット
出演:ウィリアム・ホールデン、フェイ・ダナウェイ、ロバート・デュバル、ピーター・フィンチ
制作 ハワード・ゴットフリード、ダニエル・メルニック
脚本 パディ・チャイエフスキー
原題 Network
制作年 1976年
制作国 アメリカ
時間 121分
ニュースショウの司会者・ビールは視聴率低下のためノイローゼに陥り、本番中に自殺予告。重役のダイアナは、この話題をネタに彼を利用して視聴率を稼ごうとする。



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】