洋画(外国), 洋画ら行, コメディ, ラブストーリー/ロマンス

恋愛の温度
等身大でリアルな男女の仲をドキュメンタリー形式で描いたラブコメディ。
タイミングが合わず的に演出してるけど、色んな相手を取っ替え引っ替えただフラフラしてその場しのぎしてるのに、運命の相手は彼だけ☆みたいなアホみたいなテーマの恋愛映画最近多かったから、真逆のこの映画は結構楽しめた。
この映画こそタイミングって大事なのかもって思った。タイミングと言ってもすれ違いとかと違って、ちょっと精神的に子供な感じだから、もう少し大人になって落ち着いて一緒になるのがいい相手なんじゃないのかな?
中々の激情型な2人だし、そこまで?ってくらいカッとなってぶつけ合う割に腹を割って話せてないから不満が溜まってるし。好きなのに。そこが切なかった。

キャスト・作品情報

監督:ノ・ドク
出演:イ・ミンギ、キム・ミニ、キム・ガンヒョン、パク・ビョンウン、ラ・ミラン
脚本 ノ・ドク
音楽 キム・ジュンソン
原題 연애의 온도/Very Ordinary Couple
制作年 2013年
制作国 韓国
時間 112分

あらすじ

銀行の支店に勤めるドンヒとヨンは交際3年のカップル。極秘に社内恋愛を貫いてきたが、今日、別れた。
翌朝からは単なる同僚として新たな人生をそれぞれ平穏に送るはずだった。が、上司や同僚たちとの会食の席で、押し殺していた感情が爆発してしまう。
取っ組み合いのケンカを繰り広げ、「イカレ女」「クズ野郎」と口汚くののりしあう。
何も知らなかった同僚たちはア然ボー然としながらも必死に仲裁に入るハメに。
そんなイガミ合いが続いていた中、ヨンは本社のミン次長と食事し、酔った勢いでその夜ベッドインしてしまった!しかし、ミン次長がヨンとの一夜を盗撮していたことを知ったドンヒは、ミン次長を殴って病院送りに。
最低な奴にもてあそばれたヨンに厳しく忠告する。イガミ合ってばかりいた二人は心につかえていたモノをすべてさらけ出し、互いの本心にようやく気づき始める。



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】

洋画(外国), アクション, アドベンチャー, 洋画ら行, ファンタジー

リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い
トム・ソーヤーやネモ船長などの19世紀の古典文学を代表するヒーローが集結し、巨大な悪に立ち向かうアクションアドベンチャー映画。

あらすじ

1899年、ロンドン。英国政府は世界大戦の勃発を防ぐため、冒険家アラン・クォーターメインに対抗チームの招集を依頼。彼のもとにトム・ソーヤー、透明人間ロドニー・スキナー、ジキル&ハイド、ネモ船長、不老不死のドリアン・グレイ、吸血鬼のミナ・ハーカーという強者たちが集い、7人の超人同盟“ザ・リーグ”が結成される。
設定は面白い。
ただ日本人に深く馴染みがあるキャラ達かと問われると微妙な線だったりする。
予めそれぞれのキャラが登場する作品を読んでいると楽しさはだいぶ違ってくるだろう。
またせっかく異能の能力を持ったチームを集めた割にはバラバラに戦ってるし、もう少しチーム感が欲しかったかな。
主人公役のショーン・コネリーの存在感が素晴らしかったので、チームとしてまとまっていればもっと楽しかったでしょう。

キャスト・作品情報

監督:スティーブン・ノルトン
出演:ショーン・コネリー、スチュアート・タウンゼント、ナサーラディン・シャー、ペータ・ウィルソン、トニー・カラン、ナセールディン・シャー、ジェイソン・フレミング
制作:ドン・マーフィ
脚本:ジェームズ・デイル・ロビンソン
原題:The League of Extraordinary Gentlemen
制作年:2003年
制作国:アメリカ
時間:111分



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】

洋画(外国), アクション, SF, 洋画ら行

レプリカズ
キアヌ・リーブス主演、『トランスフォーマー』の製作陣による人間の脳をコンピュータに移植してレプリカを作ろうとするSF・サスペンス・スリラー。

あらすじ

科学者の《ウィリアム・フォスター》は人の意識を転送する研究をしていた。
重症をおった人間や死者の意識を取り出し人工脳へ移し、機械の肉体を持たせるというもの。
しかしあと一歩のところで実験は失敗続き。研究所の閉鎖もちらつき始め焦る《ウィリアム》。
そんな時、家族と出掛けた先で事故が起きる。目覚めたとき、妻と3人の子供たちは。
独り生き延びてしまった《ウィリアム》は、自らの研究で家族の”レプリカ”を造ることを決めるのだった。

キャスト・作品情報

監督:ジェフリー・ナックマノフ
出演:キアヌ・リーブス、アリス・イブ、トーマス・ミドルディッチ、ジョン・オーティス
脚本 チャド・セント・ジョン
原題 Replicas
制作年 2018年
制作国 アメリカ
時間 107分
事故で家族4人を失った神経科学者・ウィリアムは、家族の体をクローン化し、意識を移し替え完璧なレプリカとして甦らせる。だが、研究を狙う政府が家族を奪おうして。



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】

洋画(外国), 洋画ら行, サスペンス

ランズエンド 闇の孤島
少女殺害事件を解決したいがために起こした取り返しの付かない行動を、原題: Blood を軸として人間臭い感情で描いている。
ほんのちょっしたことで物語はあらぬ方向へ向かう。違っと気づいた時にはもう戻れない。苛立ちと恐怖と不安と。ポール・ペダニーが追い詰められていく様がとてもリアル。ラストの覚悟を決めた男の哀愁は見事。
イギリスの薄曇りの空、色彩の乏しい街が、映画の内容によく馴染む。マーク・ストロング、悲哀が滲む良い表情。警察の兄弟を取り巻く環境に愛があるから、償いをした後に希望を持ちたい思いにさせられる。「なぜ助けようとしなかった?」「友達だから」というやり取りと、「彼らは捕まって幸せだ。不幸なのは逃げ続ける奴等。そんな奴を一人も出したくない」という言葉が頭に残る。

あらすじ

兄ジョーと弟クリシーは同じ署で働く刑事。
2人の父も同じ課で働いていた有名な敏腕刑事だった。
物語は広場で無惨な少女の遺体が見つかるところから始まる。
ジョー達の調査により一人の容疑者が浮かび上がる。
過去に小児性愛の犯罪で捕まった男。
ジョーは以前の苦い経験から、異様なまでにこの事件に執念を燃やす。
その執念がやがて彼を苦しめるある出来事へと発展してしまう・・・。

キャスト・作品情報

監督:ニック・マーフィ
出演:ポール・ベタニー、スティーヴン・グレアム、マーク・ストロング、ブライアン・コックス、ナオミ・バトリック、ベン・クロンプトン、ナターシャ・リトル
脚本:ビル・ギャラガー
原題:BLOOD
製作年:2012年
製作国:イギリス
時間:92分



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】