洋画(外国), 洋画さ行, アクション, サスペンス

ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー
元CIAの男が国家の陰謀に立ち向かうアーロン・エッカート、オルガ・キュリレンコが共演による、リベンジアクション。
ベルギーの美しい街並みを舞台にした陰謀渦巻くサスペンスアクション。CIAの殺し屋の父とそれを知らなかった娘が反発しつつも共に協力しながら追跡者と闘うところが見どころ。孤立無援の異国で頼りなるのは父と娘のみというなかで徐々に信頼関係が築かれて行くところが良かった。
いきなり働いてた会社がキレイになくなってしまうという展開。
先が読めずにワクワクさせられます。
同僚がみんな消されて遺体安置所に並んでるのはショッキングですね。
まあ種が分かれば大した話でもないんですが、スパイ物としてはそこそこ楽しめると思います。

キャスト・作品情報

監督:フィリップ・シュテルツェル
出演:アーロン・エッカート、オルガ・キュリレンコ、リアナ・リベラト、アレクサンダー・フェーリング
制作 ジョナサン・ヴァンガー
音楽 ジェフ・ダナ
原題 THE EXPATRIATE
制作年 2011年
制作国 アメリカ、カナダ、ベルギー、イギリス
時間 105分

あらすじ

ベン・ローガン(アーロン・エッカート)は、離婚し、娘エイミーと共にベルギーにやって来る。
大会社ハルゲートの子会社にある、防犯警備装置部門で働き始めたが、ある日、突然会社が消えていた。
ハルゲートに問い合わせるが、雇用記録も子会社の存在すら消えており、銀行には給与支払の履歴も無い。
やっと会えた同僚フロイドは、何故かベンとエイミーを殺そうとしてきた。
フロイドを殺し、なんとか逃げ延びたベンはエイミーに、自分はかつてCIA捜査官だったと告げる。
騙してたのね、私の人生を返して、と喚くエイミーを連れ、ベンは一連の事件の捜査を開始。
そして、ベンを含めた会社の人間の殺害リスト、ハルゲートとCIAの関係を記した機密書類を発見した。
しかし、それを知ったCIAやハルゲートの人間達が襲ってきて、さらにエイミーが誘拐されてしまう。



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】

洋画(外国), 洋画さ行

34丁目の奇跡
1947年のジョージ・シートン監督作品を1947年に製作された作品を、「ホーム・アローン」で知られるジョン・ヒューズがリメイクしたクリスマスの時期に見たい家族向けの心温まる映画。
サンタクロースを信じられなくなった大人に捧ぐ、最高にハートフルなクリスマスムービー!人は何か信じるものが必要だし、夢を見ることに年齢は関係ない。誰もがハッピーになれるクリスマスってやっぱり最高。NYの煌びやかなクリスマスを感じられる、心温まる作品。
母親の教育方針により、妙にマセていてリアリストな女の子スーザンのキャラクターが秀逸。
核心をついた物言いでサンタさんをタジタジにしてしまうスーザンの言動の一つ一つが面白くもあり、切なくもあった。
真偽不明だったサンタさんの正体が本物なのかもしれないと思わせるエピソードがどれも面白くて素敵だった。履歴書の出身地が北極になっていたり、シカと会話していたり、デパートを訪れた耳が聞こえない子に対して手話で会話していたり。
それを見ていたスーザンが本物なのかもしれないと信じていく過程も良かった。

キャスト・作品情報

監督:レス・メイフィールド
出演:リチャード・アッテンボロー、エリザベス・パーキンス、ディラン・マクダーモット、マーラ・ウィルソン、J・T・ウォルシュ、メアリー・マコーマック、ジェニファー・モリソン、アリソン・ジャネイ
制作 ジョン・ヒューズ
脚本 ジョン・ヒューズ
音楽 ブルース・ブロートン
原題 MIRACLE ON 34TH STREET
制作年 1994年
制作国 アメリカ
時間 114分

あらすじ

ニューヨークのデパートの人事係のドリー(エリザベス・パーキンス)とその娘であるサンタを信じない少女スーザン(マーラ・ウィルソン)の前にサンタクロースと名乗る白ヒゲの老人クリス・クリングル(リチャード・アッテンボロー)が現れ、客寄せとしてデパートに雇われる。
だが、ライバル店の陰謀によってクリスは逮捕されてしまい、裁判沙汰になってしまう。



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】

洋画(外国), 洋画さ行, コメディ, ラブストーリー/ロマンス

サイボーグでも大丈夫
“復讐三部作”のパク・チャヌクが監督を手掛けたチョン・ジフンと『箪笥-たんす-』のイム・スジョンが共演による、精神病院を舞台に、自分をサイボーグと思ってる女の子の不思議なラブストーリー。
出てくる人みんなおかしくて「クワイエットルームへようこそ」を思い出した。 インスルのヨングンを助けてあげようとする行動とヨングンのお婆ちゃんを守りたいという思いは普遍的なのに彼らの物差し違いな思考と行動がおかしくて面白くて。
おかしな人たちの中で描かられる純愛が温かい気持ちになった。パク・チャヌク監督作でこんな気持ちになったのは初めて! 今までの作品に比べるとヌルいと思うけど、コレはコレでおもしろい。

キャスト・作品情報

監督:パク・チャヌク
出演:チョン・ジフン、イム・スジョン、チェ・ヒジン、イ・ヨンニョ、ソン・ヨンスン、チュ・ヒ、イ・ヨンミ、チョン・ソンフン、キム・チュンギ、キム・ビョンオク
制作 イ・チュニョン
脚本 パク・チャヌク
音楽 チョ・ヨンウク
原題 I AM A CYBORG, BUT THAT’S OK
制作年 2007年
制作国 韓国
時間 107分

あらすじ

ここは突飛な想像と空想に満ちた新世界精神クリニック。ある日、新しい患者が入ってくる。少女の名はヨングン。
なぜか自分のことをサイボーグだと信じ、蛍光灯を叱り、自動販売機にご苦労さんと声をかける。ヨングンは、自分のことをかわいがってくれたおばあちゃんが療養所に送られて以来、頭のネジがちょっとおかしくなった。
でも仕事が忙しいヨングンの母親は、「私はネズミよ」と言っていたおばあちゃんと自分の娘が同じようにビョーキだとは認めたくない。
そんなヨングンに目をとめたのは、同じ年頃のイルスン。「人のもの」なら特徴でもなんでも盗むことができるイルスンに、ヨングンはお願いする──「盗んでください、私の同情心を。
殺したいのに殺せない気持ち」でもどうしてサイボーグ?同情心を盗むって?わけがわからないイルスンは、しばらくヨングンの行動を観察することにした。



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】

洋画(外国), 洋画さ行, コメディ

Jay and Silent Bob Reboot
ジェイとサイレント・ボブが、自分たちがリブートされることを知ってハリウッドに向かい、リブートを止めようとする。

キャスト・作品情報

監督:ケヴィン・スミス
出演:ヴァル・キルマー、クリス・ヘムズワース、メリッサ・ブノワ、ケヴィン・スミス、マット・デイモン、ベン・アフレック、シャノン・エリザベス、ジョー・マンガニエロ、ハーリー・クイン・スミス、ジェイソン・ミューズ
脚本:ケヴィン・スミス
原題:Jay and Silent Bob Reboot
製作年:2019年
製作国:アメリカ
時間:95分



【U-NEXT】 【動画】 【FOD】 【人気ブログランキング】 【dmm】