洋画(外国), 洋画た行, ラブストーリー/ロマンス-

トゥー・ラバーズ
ホアキン・フェニックスとグウィネス・パルトロウ共演によるラブストーリー。
ブルックリン郊外で、実家のクリーニング屋を手伝うレナード。フィアンセと別れ、数か月前に戻ってきた。
躁うつ病を患っている。普通のときもあれば元気なときも、そしてふいに海へ身を投げることも多々。
ある日、両親から紹介されたピュアで真面目なサンドラと出会い良い雰囲気に。
しかし別の日マンションに越してきた危なっかしいミシェルにも強く惹かれてしまう。

心理描写がどこまでも細やかだからこそ痛い。帰宅してすぐマッチを擦って、その火を眺めて心を落ち着かせたり。初めて行ったお店でマドラーを吸っちゃうあるあるがあったり。画面の中で確かに人が生きているのだ。
それはでも、ホアキン・フェニックスという俳優の存在は大きい。躁と鬱のそれぞれの場面で、いろいろな表情で魅せている。 「自分のことで手一杯なのに優しさを忘れない男」の役柄がぴったりだし、きわきわの危ういところで精神を保っている表情には、何度も吸い込まれかけた。
監督:ジェームス・グレイ
出演:ホアキン・フェニックス、グウィネス・パルトロウ、ヴィネッサ・ショウ、イザベラ・ロッセリーニ
制作 トッド・ワグナー、ジェームス・グレイ、ドナ・ジグリオッティ
脚本 ジェームス・グレイ、リチャード・メネロ
原題 Two Lovers
制作年 2008年
制作国 アメリカ
時間 110分
婚約者に去られ自殺未遂を繰り返していたレナードは、同じアパートに引っ越してきたミシェルに恋心を抱く。しかし、ミシェルにとってレナードは兄のような存在でしかなく。


【U-NEXT】 【動画】 【人気ブログランキング】

【VOD】 【ebook】 【dmm】 【TTV】 【dTV】

洋画(外国), 洋画た行, アクション-, コメディ-

HERE COMES THE BOOM
総合格闘技に挑む中年教師の奮闘を描いた、職務怠慢教師のスコット・ヴォス(=ケヴィン・ジェームズ)が、友人の教師のために、昔取った杵柄のレスリングを生かして、総合格闘技の最高峰・UFC出場を目指すアクションコメディ。
高校で生物学を適当に教えてる不真面目教師のスコットは、熱心に活動している音楽部に感心したその日、校長が予算削減の為に音楽部を廃部にすると発表した事に激怒して、削減分のお金を稼ぐから取り止めろとブチギレ。スコットは昔やっていたレスリングの経験を生かして、UFCの試合に勝って一攫千金を企む。

一見ふざけた教師で不真面目に見えるけど情に厚く目の前で困ってる人をほってはおけない主人公。
学生と同僚の為に格闘技で大金を稼ぐ姿がかっこいい。
登場人物がみんないい意味でバカで明るくて、主人公が恋する美人教師も良い人なのが伝わってくる。
買っても負けてもファイトマネー貰えるから良いよね、という序盤のゆるさからの終盤の展開がアツい。
監督:フランク・コラチ
出演:ケヴィン・ジェームズ、サルマ・ハエック、ヘンリー・ウィンクラー、グレッグ・ジャーマン、シャリース、バス・ルッテン
制作 アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ
脚本 ケヴィン・ジェームズ
原題 Here Comes the Boom
制作年 2012年
制作国 アメリカ
時間 105分
学校の経営難による校内の音楽活動廃止と、顧問・マーティーの解雇を知らされた生物教師・スコット。怒りに燃える彼は、資金調達のために総合格闘技大会に出場することを決意するのだが。


【U-NEXT】 【動画】 【人気ブログランキング】

【VOD】 【ebook】 【dmm】 【TTV】 【dTV】

洋画(外国), 洋画た行, サスペンス-, ヒューマンドラマ-

ディナーラッシュ
伝統的な家庭料理で愛されているN.Y.のレストラン・ジジーノを舞台にしたサスペンスドラマ。ニューヨークにある人気レストラン「ジジーノ」を舞台に繰り広げられる人間模様に、殺人事件を絡めて描かれた、一夜の群像劇サスペンスなのですが、非常に珍しいタイプの作品。
とあるレストランで行きかう人々の陰謀、思惑、愛。
そこに極上の料理がスパイスとなって、ドキドキと空腹がないまぜになる、サイコーの映画でした。
登場人物たちも物語に花を添えるほど個性的。
どんな質問にも答えられるバーテンダー、父親に店を任せてもらない天才料理人、ギャンブル中毒のコック、ウォール街で株の取り引きをしているという謎の好青年、そして物語の中心となる相棒を殺されたレストランの老いたオーナー。
極上の料理、そして最後はピリッとしたデザート。
監督:ボブ・ジラルディ
出演:ダニー・アイエロ、エドアルド・バレリーニ、カーク・アセヴェド、ヴィヴィアン・ウー
制作 ルイス・ディジアイモ
脚本 リック・ショーネシー
原題 DINNER RUSH
制作年 2001年
制作国 アメリカ
時間 99分
古風な店を現代的なレストランに大変革させてしまったオーナーの息子を取り巻くさまざまな人間模様と、野心と陰謀に満ちた殺人事件の思いがけない顛末を描く。


【U-NEXT】 【動画】 【人気ブログランキング】

【VOD】 【ebook】 【dmm】 【TTV】 【dTV】

洋画(外国), 洋画た行, コメディ-, ラブストーリー/ロマンス-

多細胞少女
韓国で人気のインターネット・コミックを原作の“萌え系”学園ラブコメディードラマ。
SM、援助交際などが普通に行われている高校を舞台に、貧乏少女と帰国子女のラブストーリーが描かれています。
ソウルで,快楽の名門校といわれるムッスルモ(無意味の意)高等学校は,委員長が性病で早退したり、レースの下着を着た男性教師が女生徒に鞭打ちを頼むような、そんな学校です。
「貧乏を背負った少女」(キム・オクビン)は,スイスからの転校生アンソニー(パク・チヌ)に恋をしますが、アンソニーが恋したのは、校内唯一の童貞でいじめにあうウェヌンパギ(イ・キョン:ひとつ目の意)の美しい妹(実は性転換手術のために積み立てをする弟)トゥヌンパギ(ウンソン:ふたつ目の意)でした。
“初めての恋の相手がまさか男だなんて”と悩むアンソニーは、トゥヌンパギが性転換手術をすると聞いてちょっと嬉しくなりますが,Hな放送見て、スカートがもっこりとしたのを見て,やっと諦める決意をします。
という感じの展開で,何となく漫画っぽいな思ったら、インターネット連載漫画が原作でした。
監督:イ・ジェヨン
出演:キム・オクビン、パク・チヌ、イ・ヒョン、パク・へウォン、ナム・ホジョン、キム・ビョル
脚本 イ・ジェヨン、チェ・ジンソン
原題 Dasepo Naughty Girls
制作年 2007年
制作国 韓国
時間 104分
援助交際で家族を養う主人公は、帰国子女のアンソニーにひと目惚れ。一方、アンソニーはひと目惚れした相手が実は男であることを知ってしまう。


【U-NEXT】 【動画】 【人気ブログランキング】

【VOD】 【ebook】 【dmm】 【TTV】 【dTV】