TV-アニメ, TVアニメた行

とある科学の超電磁砲T

あらすじ・サブタイトル

第1話「超能力者(レベル5)」学園都市すべての学校が参加して7日間にわたって開催され、全世界にその様子が配信される『大覇星祭』。一大イベントを前に街中がお祭りムードの中、美琴と初春、佐天は『残骸(レムナント)』事件で重傷を負った黒子を見舞う。黒子は入院中にもかかわらず自分のせいで美琴が『大覇星祭』を楽しめないのではと気に病んでおり、3人は心配せずにはいられない。しかも黒子は早々に退院して『風紀委員(ジャッジメント)』の巡回に参加すると息巻いていると聞き、初春は黒子の分まで頑張らねばと張り切ることに。そんな日常の裏側では、『大覇星祭』の開会式で『超能力者(レベル5)』に選手宣誓をさせようという企てが持ち上がり、さっそく7人への打診が試みられて。

キャスト・作品情報

原作:鎌池和馬、冬川基
監督:長井龍雪
出演:佐藤利奈、新井里美、豊崎愛生、伊藤かな恵、浅倉杏美
キャラクター原案:はいむらきよたか
シリーズ構成:ヤスカワショウゴ
アニメーションキャラクターデザイン:田中雄一
美術監督:泉健太郎
色彩設計:安藤智美
撮影監督:福世晋吾
編集:西山茂(REAL-T)
製作年:2020年冬アニメ
製作国:日本

【とある魔術の禁書目録(第1期)】
【とある魔術の禁書目録Ⅱ(第2期)】
【とある魔術の禁書目録Ⅲ(第3期)】
【とある科学の超電磁砲】
【とある科学の超電磁砲S】
【とある科学の一方通行】
【劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟】



【mierutv】 【動画】 【FOD】 【ブログランキング】 【dmm】

TV-アニメ, TVアニメた行

ダーウィンズゲーム
平凡な高校生の少年カナメは、ある日『ダーウィンズゲーム』という謎のアプリの招待を親友から受けたことから、超能力同士の殺し合いゲームに巻き込まれる。カナメの能力は、「物体をコピーして取り寄せて強化する」という汎用性のある激レアなシギルだった。
透明化の能力を持つ、マスコットの着ぐるみを着た担任教師カトウを退けたカナメは、敗北したカトウが床ごと体が切り刻まれながら消滅するところを目撃する。その後、カナメは自宅でアプリについて調べ、初回ガチャでダンボールが転送され、その中身が「本物の拳銃」であるという異常事態に直面する。
鎖使いの少女シュカに接触したカナメは、このゲームは各プレイヤーに異能(シギル)と呼ばれる様々な超能力が与えられ、他のプレイヤーと命懸けで戦うことを強制される異能者たちのバトルゲームであると聞かされる。それは一度始めたらクリアするまで、絶対にやめられない命をかけたデスゲームだった。

キャスト・作品情報

原作:FLIPFLOPs(「別冊少年チャンピオン」秋田書店刊)
監督:徳本善信
出演:小林裕介、上田麗奈、大森日雅、八代拓、花守ゆみり
キャラクターデザイン:中西和也
シリーズ構成・脚本:深山秀(FLIPFLOPs)
音楽:末廣健一郎
2020年冬アニメ

あらすじ・サブタイトル

第1話 初陣(ファーストゲーム):平凡な日常を送っていた男子高校生のカナメの元に、ある日アプリ「ダーウィンズゲーム」の招待メールが届く。何気なくアプリを開いた事でゲームのプレイヤーになってしまったスドウカナメ。 怪しげな雰囲気のゲームを訝しんでいるうちにバトルが始まり、突如パンダの着ぐるみを着た謎の人物が襲い掛かかる。 果たして、絶体絶命のバトルにカナメは生き残ることができるのか!?



【mierutv】 【動画】 【FOD】 【ブログランキング】 【dmm】

TV-アニメ, TVアニメた行

通り魔に刺され死亡し、異世界でスライムとして転生したサラリーマン・三上悟のスライム人生を描くファンタジー冒険譚。リムルという新しいスライム人生をスタートさせた彼は、この世界を巡る中で様々な種族と出会い、仲間となり、「種族問わず楽しく暮らせる国作り」を目指すことになる。

キャスト・作品情報

【原作】川上泰樹、伏瀬、みっつばー(「月刊少年シリウス」講談社刊)
【監督】菊地康仁
【副監督】中山敦史
【出演】岡咲美保、豊口めぐみ、前野智昭、花守ゆみり、古川慎、千本木彩花、M・A・O、江口拓也、大塚芳忠、日高里菜
【シリーズ構成】筆安一幸
【キャラクターデザイン】江畑諒真
【モンスターデザイン】岸田隆宏
【音楽】Elements Garden
【主題歌】
オープニングテーマ「Nameless story」歌 寺島拓篤
エンディングテーマ「Another colony」歌 TRUE



【mierutv】 【動画】 【FOD】 【ブログランキング】 【dmm】

TV-アニメ, TVアニメた行

ちはやふる3 (第3期)
原作は2007年から『BE・LOVE』(講談社)で連載されている末次由紀氏の同名漫画。時代を越えても色褪せることのない美しい“百人一首”の歌と共に、畳の上で青春を懸ける高校生たちが「競技かるた」を通して成長し続ける姿を描く。

あらすじ・サブタイトル

第1話「なつのよは」:7月の全国大会で見事団体戦初優勝を果たした瑞沢高校かるた部。しかし、千早と太一は落ち着くことなく、富士崎高校かるた部の夏合宿に参加することになった。そこで待っていたのはストレッチやランニングに加え1日7試合もおこなう桜沢先生のスパルタ指導だった!

第2話「あさぼらけありあけのつきと」:夏休みが終わり、2学期がはじまった。チームを持つことでかるたの可能性が広がることを知った新は、勇気を出してかるた部創設に向け動き出していた。一方、瑞沢高校かるた部は名人・クイーン予選に照準を合わせて練習をはじめていたが、予選出場が危ぶまれるある事実を知ることに。

第3話「よしののさとに」:産休明けの元クイーン・猪熊遥も出場する吉野会大会は大人も学生も熱量高い試合展開をみせていた。そんな中千早は手術をした右手が完治し利き手が使えるようになったものの、まだ調子を掴めずにいた。一方、新がかるた部を創ろうとしていることを知った太一は複雑な気持ちが込み上げる。

第4話「たかさごの」:白波会所属の千早、太一、坪口、そして師匠の原田、4名がベスト8に残った。まるで団体戦のようだと勢いが増す白波会だったが、千早はかつて4連覇した産休明けの元クイーン・猪熊遥と対戦することに。これまで見たことが無い独特なかるたに千早は苦戦を強いられる。 <

第5話「あまのかぐやま」:かつて4連覇した元クイーンの猪熊、言葉でも心を乱してくる須藤、南雲会の四番である村尾、そして無敗のクイーンを破った新。強敵4人を前に押されていた白波会だったが、原田の勢いに「攻めがるた」の姿勢を取り戻す千早たち。最後まで勝敗が分からなくなった試合の結末は! <

第6話「にしきなりけり」
第7話「あらしふく」
第8話「これやこの」
第9話「くだけてものをおもふころかな」
第10話「さねかづら」
第11話「きりたちのぼるあきのゆふぐれ」
第12話「はなさそふあらしのにはのゆきならで」
第13話「ふりゆくものはわがみなりけり」
第14話「あひみての」

キャスト・作品情報

【原作】末次由紀(講談社刊)
【監督】浅香守生
【出演】瀬戸麻沙美、宮野真守、細谷佳正、奈良徹、茅野愛衣、代永翼、潘めぐみ、入野自由、中道美穂子、東地宏樹
【シリーズ構成】柿原優子
【キャラクターデザイン】濱田邦彦
【オープニングテーマ】99RadioService 「COLORFUL」
【エンディングテーマ】バンドハラスメント 「一目惚れ」



【mierutv】 【動画】 【FOD】 【ブログランキング】 【dmm】