新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ/Godzilla: King of the Monsters

日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。
ゴジラモスラキングギドラ大怪獣総攻撃やゴジラVSデストロイアのオマージュなどを各所に取り入れていて、ゴジラ好きにはとても嬉しい。純粋にてんこ盛り怪獣バトル。
出し惜しみすることなく、最初から惜しみなく全てを登場させ、最後まで全力で走り切った作品。余白なく、怪獣たちを魅力的に描き切っている。過去作をリスペクトした約束事を守ったシーンも満載で、涙が滲んでくるほど。
それは、クレジットに怪獣たちがキャストとして”HIMSELF”扱いで表示されていることからも分かる。そして、音楽が良い。ゴジラのテーマもモスラのテーマも、限りなく原曲に忠実。人間のキャストも豪華で、皆に見せ場が用意されており、ストーリー展開も飽きさせない。そして、モスラが美しい。
2014年、サンフランシスコ。破壊され尽くした街。ゴジラの姿、足音、咆哮。その後の5年間、ゴジラは姿を現さなかったが… ゴジラの造形には相変わらず満足していないが、キングギドラ、ラドン、そしてモスラの造形には満足。特に、邦画では残念だったモスラの造形や見せ方は秀逸。美しいの一言。
映像や特殊効果的には?なところもあるものの、映像の勢いで問題なし。絵画的な美しさ溢れる絵作りは、神話を想像させる良い出来。
監督:マイケル・ドハティ
出演:カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、サリー・ホーキンス、渡辺謙、チャン・ツィイー、ブラッドリー・ウィットフォード、チャールズ・ダンス、トーマス・ミドルディッチ、オシェア・ジャクソン・Jr
製作:メアリー・ペアレント、アレックス・ガルシア、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、ブライアン・ロジャース
製作総指揮:ザック・シールズ、バリー・H・ウォルドマン、松岡宏泰、大田圭二、ダン・リン、ロイ・リー、坂野義光、奥平謙二
原案:マックス・ボレンスタイン、マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
脚本:マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
原題:Godzilla: King of the Monsters
製作年:2019年
製作国:アメリカ
時間:132分
【unext】 【ビデオパス】 【hulu】 【動画】 【TSUTAYATV】
【videopas】 【U-NEXT】 【geo】 【dmm】

【hulu】 【au動画】 【動画】 【U-NEXT】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【geo】 【FC2ランキング】 【MV】 【dTV】
【ドラマ映画ランキング】
【AU動画】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】 【TWDunext】 【動画】